利息が高すぎても借りなきゃ生活できない

2013年現在、世間ではアベノミクス効果が顕在化し、景気は上向いてきたと言われています。実際に2012年度の年次GDPと比較し、その成長率を確認してみると、今年11月現在の年次GDP成長率は、前年度比較で実質1.2%上昇しており、少しずつではあるものの、日本の経済が長い冬を越え、上向き始めていることが分かります。

大阪府/借金問題は解決できます!

しかし、一般的な市民の生活にまで、その効果が及んでいるかというと、まだまだ疑問符が付く段階です。多くの家庭では、給料の上昇よりも物価の高騰が家計を直撃しており、毎日様々な工夫をこらして、日々の生活を送っている状態です。また、中には借金をしなければ暮らしていけないという層もあり、こういった人々からは「利息が高すぎても借りなきゃ生活できない」という嘆きの声が聞こえています。

借金 - NAVER まとめ

現実にはまだまだアベノミクス効果が感じられない状況が続いていますが、政権は大企業を中心に2014年度から給与金額のベースアップを要望しており、今後も色々な手法で景気を上向かせていく方針です。

過払い 郡山

一般的な生活を行っている市民からは、「早く給料が上がって、景気が良くなったことを感じたい」といった切実な声が聞こえており、どれだけ早く景気回復を世間的に実感させることが出来る状況にできるかが、今後の日本経済のカギとなりそうです。